上野紘史の「万葉の恋と僕のシンセがリンクする」

1,たまとひろわん[あたしだけの宝石]
○信濃なる 千曲の川の さざれ石も 君し踏みてば 玉と拾わん 作者不明

イントロから聞こえるストリングスはRoland FA-06のSuperNaturalAcoustic音源を使いました。全体を通して弦楽四重奏が歌うようなアレンジで、そこへシンセやエレキギターの音も絡んでいきます。弦のピチカートは川のせせらぎをイメージして創りました。主人公が小石を宝石のように大切に拾う気落ちとリンクして聴こえてくれたら嬉しいです。

Roland FA-06.jpg
S__3866641.jpg
2,知らえぬ恋[フローズンらぶ]
○夏の野の 繁みに咲ける 姫百合の 知らえぬ恋は 苦しきものそ 作者大伴坂上郎女

夏の切ない片思いをピアノで語ったつもりです。ピアノはNordElectro5のピアノ音色を手弾きしています。夏の突然の雨をリバーブの深いClapで表現してみました。間奏のリードシンセはソフトシンセSylenth1でいくつかの音色を重ねて作っています。情熱的な夏とクールな夏を同居させたつもりです。

Nord Electro5.jpg
3,闇の夜[ぼくは朝日を抱きしめたい]
○闇の夜に 行く先知らず 行く我を 何時来まさむと 問ひし児らはも 作者不明(防人の歌)

イントロのピアノはNativeInstrumentsのTHE GRANDEUR。弦もNativeInstrumentsのものを使用していますが、全体的にリバーブが深いパーカッションやギター、丸みを帯びたシンセ音などで、先行きのわからない防人として徴兵された兵士の嘆き、不安な気持ちを表現しました。押し寄せる苦しみがリンクされて聴こえますか?

4,恋ひ恋ひて[よ・く・ば・り・バレンタイン]
○恋ひ恋ひて 逢へる時だに 愛しき 言尽くしてよ 長くと思はば 作者大伴坂上郎女

編に聴こえるグランドピアノの音色はNativeInstrumentsのTHE GRANDEUR。女性パートから男性パートへキー転換も楽しいです。「恋ひ恋ひて」という素敵な言葉によいメロディを当てはめたくて、こだわりました。

間奏のシンセソロはRoland FA-06で作った音色です。 

5,雨つつみ[あめあめ♡ふれふれ]
○ひさかたの 雨も降らぬか 雨つつみ 君にたぐいて この日暮らさむ 作者不明

イントロのシンセはソフトシンセSerum。繰り返すメロディはソフトシンセSylenth1やSerumなどいくつかのシンセを重ねています。降り出した雨を感じてもらえたら嬉しいです。後半の「おーおー」のコーラスは僕です(笑)本格的な雨になりました(笑)

6,忘れかねつも[抱きしめなければ]
○高円の 野辺のかほ花 面影に 見えつつ妹は 忘れかねつも 作者大伴家持

恋ばな~春夏秋冬~のために書き下ろした曲。妻との離れ離れの悲しさと恋する思いがあふれる夏の歌。Shohei補作詞作曲、すでに彼のイチナナライブではピアノ弾き語りで披露しています。スタジオバージョンでは恋する思いの高まりをRoland FANTOMをメインに間奏で表現しました。

Roland FANTOM.jpg
7,来むとは待たじ[しつれんハロウィン]
○来むと言うも 来ぬ時あるを 来じと言ふを 来むとは待たじ 来じと言ふものを 作者大伴坂上郎女

和歌に最初に触れたときに「世界最古のラップだ」と思い、メロを創りました。Roland SYSTEM-8とJD-XAをメインに使っています。

8,しくしくも[雪の音]
Roland SYSTEM-8(上)Roland JD-XA(下).jpg
○真木の上に 振り置ける雪の 思ほゆるかも さ夜問へ我が背 作者他田広津娘子

恋ばな~春夏秋冬~のために書き下ろした曲。「DEPARTURESのような冬の定番になるような曲を」と学研の保田さんからの依頼を受けて創りました。いかがでしょうか?

イントロのピアノはNativeInstrumentsのピアノ音と、AbletonLive付属のピアノ音を組み合わせて作っています。しくしくもという言葉が切なく清らかなイメージを象徴しています。そのイメージを大切に、Dropのメロディも切なく寂しげに聞こえるような音色をサンプラーで作りました。

9,下よし恋ば[うそはつけない]
○藤波の 咲く春の野に 延ふ葛の 下よし恋ひば 久しくもあらん 作者不明

恋ばな~春夏秋冬~のために書き下ろした曲。AyaとShoheiのデュエットで、1番と2番での入れ替わりを楽しんでください。ひそなか恋ごころをRoland FANTOMをメインで使って打ち込みました。この曲を一緒に歌うことで「告白した」なんて、いいですね。

10,紐解きまけな[まぶしすぎた織姫]
○天の川 相向き立ちて 我が恋ひし 君来ますなり 紐解き設けな 作者山上憶良

紐ももももももが印象的な曲ですが、サウンドはオーソドックスな4つ打ち。メインシンセはRoland SYSTEM-8でFunkyなフレーズが特徴です。ベースではソフトシンセSpireなども使いました。情熱的な夏の天空を想像していただけたら楽しいです。

11,うら恋し[キミは花よりかわいらしい]
○うら恋し 我が背の君はなでしこが 花にもがもな 朝な朝なみむ 作者大伴池主

BLの和歌を探してうちの社長に送ったところ「上野が歌ったDEMOの歌が良いよ」と言われ、その気になって本番の歌も録ったという流れの曲です。メインのシンセはソフトシンセSerumとRoland FANTOMです。メインボーカルは3テイク重ねてますが、全体を通してコーラス含めて20トラック以上、ボーカルで使いました。

PCソフトシンセ画面.png
12,月の舟[三日月☆ボート]
○天の海に 雲の波たち 月の舟 星の林に漕ぎ隠る見ゆ  作者柿本人麻呂

夜空の月がゆっくりと動く姿を想像してソフトシンセSylenth1を使い、イントロから全編にフレージングしました。壮大な夜空に散りばめられた星と雲と月のコラボレーションをリズムはNativeInstrumensのBattery4、フレーズはRoland SYSTEM-8、を使って表現しました。夜空を見上げて時には月の舟の世界観を感じてみてください。

13,カタヤマツバキ[ぼくとアッキー]
○我が門の 片山椿 まこと汝 我が手触れなな 地に落ちもかも   作者物部広足(防人の歌)

Drop部分のメロディは上がったり下がったりを繰り返すものですが、主人公の不安な感情を表現したつもりです。RolandのSYSTEM-8やソフトシンセSylenth1で奏でています。地面に叩きつけられるようなイメージのドラのような低音はソフトシンセSerumで作り、憤りを表現しました。

14,時わかず泣く[七月の涙}
○ひぐらしは 時と鳴けども 片恋に たわや女我れは 時わかず泣く 作者不明

イントロの「ひぐらし」の鳴き声は学生時代にフィールドレコーディングした素材ストックの中からチョイス。全編に流れるクールなベース音はRoland SYSTEM-8で作りました。

間奏のフレーズは、ボーカルをサンプリングしたものと、AbletonLive付属のソフトシンセOperatorで作った音色。ひぐらしの鳴き声を模倣したシンセ音をRoland JD-XAで作り夕暮れの雰囲気を表現。気だるく蒸し暑い夏の風と、ときおり吹くひんやりとした風、そんな季節の束の間の時間を感じていただけたら嬉しいです。

Roland JD-XA.jpg
15,君待つと[風は明日へと吹ていく]
○君待つと 我が恋ひ居れば 我が屋戸の 簾動かし 秋の風吹く 額田王

三味線の音色はRoland JUNO-DS、風になびいた風鈴の音も味付けました。三味線とエレキギターのコラボも楽しんでください。

Roland JUNO-DS.jpg
16,霜の降る夜を[冬の夜はふたりで]
○はなはだも 夜更けてな行き 道の辺の ゆ笹の上に 霜の降る夜を 作者不明

恋ばな~春夏秋冬~のために書き下ろした曲。

雪が振り積もっていく景色を、ソフトシンセSpireで盛り上げています。鈴の音はSpitfireAudioのSleighBells。フーガコーラスは僕の3重コーラス。ロマンティックな雪の冬景色を感じてください。

スクリーンショット 2021-07-19 18.25.32.png
17,夜眠も寝なくに[ぼくを忘れないで]
○春なれば うべも咲きたる 梅の花 君を思うと 夜眠も寝なくに 作者板氏安麻呂

令和の典拠となった太宰府「梅の宴」で、詠われた5首を使った曲。メインシンセはRoland FANTOMで新時代到来の喜びをRolandの最新シンセで表現したつもり、メンバー3名全員参加のコーラスワークも楽しいです。

アコースティックverが存在します。

18.マコモカル[真菰のかげで]
○ま薦刈る 大野川原の 水隠りに 恋ひ来し妹が 紐解く我は 作者不明

トランペットソロはRoland AX-Edge。ラテンビートは様々なサンプルで構築し、ラテンピアノはRoland FA-06で手弾きしました。僕が「Don’t be afraid」と囁くバックボイスにも気づいてくれましたか?

Roland AX-Edge.jpg
19,いまだ干なくに[さよならメロディ]
○妹が見し やどに花咲き 時は経ぬ 我が泣く涙 いまだ干なくに 作者大伴家持

EDM演歌です。三味線と尺八はRoland JUNO-DS。小鼓はサンプル音源。弦も演歌に合うような音色にしました。Ayaの合いの手は沖縄民謡、間奏のシンセフレーズはソフトシンセSylenth1で作りました。

PCソフトシンセ画面2.png
20,アラレタバシル[王女さまのファーストキス]
○我が袖に 霰たばしる 巻き隠し 消たずてあらむ 妹が見むため 作者柿本人麻呂

恋ばな~春夏秋冬~のために書き下ろした曲。

全編に渡ってRoland FANTOMのModel Expansion JX-8Pで作った音を使っています。間奏のリードシンセもFANTOMのZen-Core音源で作りました。霰が舞い落ちて跳ねて、ダンスしている様子をイメージし、曲調はFunkyで、AOR(アダルトオリエンテッドロック)な世界観を作ってみました。ベースにはIK MultimediaのMODO BASSを使っています。